書評

【書評No.2】顧客のほうから寄ってくるアイデアを見つける方法とは?『1万円起業』クリス・ギレボー/本田直之

こんにちは、mioです!

 

今回紹介する1冊はこちら

 

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』クリス・ギレボー/本田直之

created by Rinker
飛鳥新社
¥693
(2019/11/18 00:40:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

本書は、「たった1万円の資金」「ちょっとしたアイデア1つ」だけで十分なお金を稼ぐための方法が解説された1冊!

 

ビジネスの第1段階である、「市場性の高いアイデアを見つける方法」とは何なのか?

 

mio
mio
さっそく書評していきたいと思います!

【大原則】購入する商品は、自分で選びたい!

大原則として抑えておきたいのは、「人は買い物は好きだが、売りつけられることは嫌い」ということ。

 

みなさんが買い物をするシーンを想像してみてください。

 

次のうち、どちらの方が買い物の満足度が高くなるでしょうか?

  • オススメの商品を押し売りされる
  • いくつかの商品を比較して、自分の意思で判断した商品を買う

 

「押し売りされた商品」が本当に素晴らしいものであり、「自分で判断した場合」でも結果的には同じ商品を買うことになるかもしれません。

しかし、商品を比較検討して自分の頭で判断して選んだ方が納得感があり、「買ってよかった」と思えるはずです。

 

現代のマーケティング

旧式のマーケティングは「説得」に基づくものでしたが、新式のマーケティングは、「勧誘」を主眼においています。

 

「説得型マーケティング」とは、商品の説明をしたり、他社製品よりも優れている理由を伝えたりすることで、とにかく説得させようとする方法。

この方法でも一定数の売り上げは期待できますが、そのためには莫大な量の「人件費」や「時間」が必要であり、コンパクトな経営を行うことは難しいです。

 

一方の「勧誘を主眼においたマーケティング」では、「市場性の高い商品」を作ることによって、「説得型マーケティング」ではどうしても生じてしまった無駄を省くことができます。

 

市場性が高い商品とは、他人がお金を払ってでも欲しがるような、有用な商品のこと。

このような商品は、莫大な費用を使って宣伝するまでもなく、顧客の方から寄ってくるようになります。

 

そんなこと言われても、市場性の高い商品のアイデアなんて自分には思いつかないよ・・・ 

 

本書に紹介されている数多くの起業者たちは、学歴が高いわけでもなく、特別な才能があったわけでもありません。そして、ほとんどの人は自分が起業者になるとは思っていませんでした。

 

好きなことを少し工夫して販売してみたら、いつの間にか起業家になっていたのです。

それも、たった「1万円」の資金とたった「1ヶ月」の期間で。

必要なものを、あなたは全て持っている

出典:『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』プロローグ

 

それでは、本書に散りばめられている「市場性の高いアイデア」を見つけるためのヒントを紹介していきます!

created by Rinker
飛鳥新社
¥693
(2019/11/18 00:40:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

市場性の高いアイデアを見つけるためのヒント

ヒント①日常で感じた不便を解消しよう

日常で「不便」を感じたのなら、それは大きなビジネスチャンスです。

不満を抱いている人はおそらく他にもいるし、市場にないものをほしがっている人はあなただけではないだろう。

出典:『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』第2章

 

音楽教師向けの、業務管理プラットフォーム

 

音楽教師であるブランドン・ピアース(Brandon Pearce)は、1日のうち多くが「スケジュール作成」や「料金の請求」といった管理業務に費やされていることに不満を抱いていました。

コンピュータの知識もあった彼は、自分が使うために業務管理ソフトウェアを作成したのですが、そこであることに気づきます。

 

「音楽教師は音楽を教えたいのであって、面倒な管理業務などしたくない」

 

そう考えたブランドン・ピアースは、ソフトウェアを音楽教師向けに販売することにしました。

面倒な業務から解放されることに加え、生徒に教える時間が増えることで収入を増やしてくれるブランドンのソフトは大ヒット!

 

ブランドン・ピアースが自分の為に作った「ミュージック・ティーチャーズ・ヘルパー」は、現在では何万人もの音楽教師に使われるまでに成長しました。

 

日常で感じた「不便」を解消したことが、ビジネスの成功につながったのです。

買いたいものは自分でつくろう。そうすればたぶん、他の人もそれをほしがるはずだ。

出典:『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』第2章

 

 

ヒント②顧客が「ヒーロー」になるための手助けをしよう

自分を「ヒーロー」にしてくれる商品は、喉から手が出るほど欲しくなるものです。

人は1日の終わりに幸せな気分でいたいと思っている。そして、誰かが幸せを感じる手助けをするビジネスは、成功と隣り合わせだ。

出典:『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』第2章

 

顧客を「エクセルの達人」にするトレーニング

 

インドに住むプルナ・ドゥギララ(Purna Duggirala)のビジネスは、顧客を「エクセルの達人」にすること。

仕事の能率を上げるエクセルの使い方を、自作の教材を使ってウェブサイトで教えています。

 

本書の取材の中で、プルナはこのように力説しました。

私のトレーニング・プログラムの利用者は、上司や同僚の前でヒーローになれます。

出典:『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』第2章

 

プルナの教材「Chandoo.org」でエクセルのトレーニングを積んだ人は、職場で一目置かれる存在に。

この教材は爆発的にヒットし、数多くのビジネスマンを「ヒーロー」にしたのです。

 

 

創業3年目にして、純利益は20万ドル(約2,000万円)を超える見込み。

「20万ドル」は、先進国においても相当な金額。物価の低いインドにおいて、これが途方もない収入であることは言うまでもありません。

created by Rinker
飛鳥新社
¥693
(2019/11/18 00:40:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』いかがだったでしょうか?

 

現代のマーケティングの基本は、コストをかけて「説得」するのではなく、市場性の高い商品を作って顧客を「勧誘」することでした。

 

ここでもう1度、「市場性の高いアイデアを見つけるためのヒント」を復習しましょう!

市場性の高いアイデアを見つけるためのヒント
  • 日常で感じた不便を解消しよう
  • 顧客が”ヒーロー”になる手助けをしよう

 

「市場性の高いアイデア」さえ見つけることができれば、たった「1万円」の資金からビジネスを始めることができることを教えてくれる1冊。

 

本書では、上記以外にも

その他の内容
  • 今日からできる「1万円起業」の基本モデル
  • マイクロビジネスがうまくいく「たった3つのルール」
  • 2つの「絶好のビジネスチャンス」
  • 収益性を高める3つのルール
  • ビジネスを成長させるべきか?させざるべきか?

などなど、ビジネスの「スタートアップ」から「事業の拡大」、さらには「売却」に至るまでのノウハウを、実際のエピソードと共にご紹介!

 

起業を考えている方はもちろん、将来への漠然とした不安を持っている大学生などにとっても、大きなヒントになる1冊だと思います。

 

気になった方はぜひ本書を読んで、「1万円の資金からビジネスを始め、十分な収入を得る方法」を学んでくださいね!

 

mio
mio
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
created by Rinker
飛鳥新社
¥693
(2019/11/18 00:40:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

kindle unlimitedがオススメ!

 

2019年6月現在、『1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法』は、「kindle unlimited」の対象商品となっています!


 

「kindle unlimited」とは、「月額980円」で対象の本が読み放題になるサービス。

たった1冊で元が取れてしまうので、月に1冊でも本を読む方でしたら入会するしかありません!

しかも「kindle unlimited」に初めて登録する人なら、30日間無料で利用することができます!

 

気になった方は、いますぐ登録しましょう!