未分類

大学生がFP技能検定3級を取得した方が良い3つの理由【ファイナンシャルプランナー】

こんにちは。mioです。

皆さんは「ファイナンシャル・プランナー」ってご存知ですか?

聞いたことぐらいはある人が多いのではないでしょうか。

 

実は私も「ファイナンシャル・プランナー」の資格を持っているのですが、この資格は意外とオススメなので紹介したいと思います。

 

この記事はこんな方にオススメです。

  • 将来のためにスキルを身に付けたい大学生
  • 社会の仕組みについて学びたい大学生
  • 新しいことにチャレンジしたい大学生

 

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは?

「ファイナンシャル・プランナー(FP)」とはどのような職業なのでしょうか。

 

日本FP協会のホームページでは、このように説明されています。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

引用:日本FP協会ホームページ

 

簡単にまとめると、「資産形成についての知識を持ち、顧客のライフプランを共に考える職業」といったところでしょうか。

 

FP技能検定とは?

「ファイナンシャル・プランナー(FP)」としての能力を認定する試験が、今回紹介する「FP技能検定」です!

 

「FP技能検定」は、このように説明されています。

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます(厚生労働省HPより)。

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

引用:日本FP協会ホームページ

 

「FP技能検定」に合格することで「FP技能士」を名乗ることができるようになるのです。

 

「ファイナンシャル・プランナー」としての技能を評価する資格には「FP技能検定」に加え、「AFP」「CFP」というものも存在します。

 

大学生がFP技能検定3級を取得するべき3つの理由

ここからが本題。

私は、「学部にかかわらず全ての大学生がFP技能検定3級を取得するべき」だと考えています。

 

その理由を説明します。

 

社会人になってから必要な知識が一気に学べる

FP技能検定で問われる内容は、「学校では教えてもらえないが、社会人となってから必要となる知識」です。

 

FP技能検定3級では、以下のような知識が問われます。

  • 社会保険
  • 生命保険、損害保険
  • 債券、株式、投資信託
  • 税金
  • 不動産
  • 相続

 

「よく分からないけど、社会人として自立するために必要になりそうな知識だな…」

 

そのように思う方が多いのではないでしょうか?

 

FP技能検定の勉強をすることによって、社会人になってから必要となるお金の知識を一気に学ぶことができます。

 

成功体験を積み上げられる

2つ目の理由は、「FP技能検定に合格した」という1つの成功体験を得ることができるからです。

 

東京大学医学部の河野玄斗さんは、著書『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』の中で、以下のように述べています。

自分にとって適度な難易度の内容を学習することで「できる」をたくさん積み重ねて、自分の脳に「勉強って楽しい!」と思わせることで、「できるループ」が回る。

継続して勉強を続けて試験に合格するためには、「できるループ」をいかに回すかが鍵になる。

引用:『東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法』

 

「努力をする」→「目に見える形で結果が出る」

 

この経験を積み上げることで、自信を得ることができます。

そして、更に高い目標を達成するためのモチベーションが生まれます。

 

「FP技能検定3級」は、そのような成功体験を積み上げる試験として適切です。

 

FP技能検定3級では、主に正誤判定問題(◯か×の2択)と3択問題から構成されており、60%以上の得点を取ることができれば合格となります。

 

「2択や3択の問題を60%正解すれば良いなら簡単そう!」

 

そのように思う方が多いでしょう。

実際に合格率は約80%と高く、かなり合格しやすい試験であると言えます。

 

勉強時間の目安としては1〜2ヶ月でしょうか。

 

世の中に「○○検定」と呼ばれる試験は数多く存在します。

しかし、「合格難易度」「学んだ知識が生活で役に立つか」ということを総合的に判断すると、「FP技能検定3級」が他の試験と比べて優れていると考えられます。

 

就活で役立つ

最後の理由は、就活に役立つということです。

3級・2級および1級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、厚生労働大臣より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、日本FP協会が実施する国家検定です

引用:日本FP協会ホームページ

 

FP技能検定3級は、あまり難易度の高くない資格ですが、厚生労働大臣から認められた立派な国家検定です!

FP技能検定を取得していることは「資格取得」という目標のために努力することができる人であることを証明します。就活においてアピールポイントの1つになることは間違いありません。

 

また、「FP技能検定3級」に合格してモチベーションを上げたら、上位の資格である「FP技能検定2級」や、「宅地建物取引士(宅建)」などに挑戦してみるのも良いと思います。

このレベルの資格を持っていれば、他の就活生との差別化が狙え、確実にプラスの評価を得ることができるでしょう。

 

終わりに

「FP技能検定に挑戦しよう!」

そのように思った方は早速申し込んでみましょう!

 

FP技能検定3級は「5月」「9月」「1月」に行われています。

勉強期間の目安は1ヶ月〜2ヶ月。

受験料も6,000円と比較的リーズナブルですよ!

こちらの記事もおすすめ!