医学部

【medu4】2019年度講座開講!変更点まとめ!

こんにちは。mioです。

 

2019年3月16日に、medu4の2019年度講座が開講されました。

 

2019年度講座では、今までから大きく改訂されるポイントがあるそうです。

受講生にとって重要なポイントを解説していきたいと思います!

 

コマ数が増加した

Photo by Marcos Luiz Photograph on Unsplash

2019年度講座では、コマ数が増加します。

 

「内科・外科」の場合は以下のようにコマ数が増加する予定です。

2018年度講座:80コマ

2019年度講座:100コマ

 

「マイナー」「産・小・老」など、他の教科でもコマ数が増加するかについてはまだ発表されていませんが、同様にコマ数が増加すると考えられます。

 

コマ数を増加させた理由について、medu4代表の穂澄先生は以下のように説明しています。

  • 本来は60分の授業が、コマ数を抑えるために70分〜80分になってしまうことがあったため。
  • コマ数を減らすために、やむなく説明を端折ることがあったため。
  • 時間をかけて学びたい低学年の受講者がいるため。

 

2019年度講座では、medu4は以下のように改善されると考えられます。

  • 授業時間が約60分で統一される。
  • 授業内容がさらに分かりやすくなる。

 

Twitterなどでは、コマ数が増加することについて否定的な意見が非常に多く見られました。

 

しかし、私はコマ数の増加に賛成します。

理由は以下の通り。

  • 授業時間が統一されることで、勉強が習慣化されやすくなる。
  • 授業時間の短さが全てではない。結局medu4は効率的。
  • 低学年からmedu4を始める人が増えてきている。

順番に解説していきたいと思います。

 

授業時間が統一されることで、勉強が習慣化されやすくなる

今までのmedu4の授業は、1コマの講義時間がバラバラでした。

短いものでは50分ほどですが、長いものでは100分近くになるものもあります。

 

そのため、「1日1コマ観よう」などと決めている人の場合、「所要時間が日によって全く異なる」という状況になっていました。

(もう少し細かい話をすると、「講義を受けるだけのコマ」と「練習問題を解く必要があるコマ」でも所要時間に差が生じます)

 

「今日の授業は90分か、結構重いな」

 

このように、私もmedu4を見る前に圧倒されてしまった経験が何度もあります・・・。

 

毎日同じペースで勉強できた方が習慣化しやすいですよね。

総講義時間が増えるとしても、「1コマ60分」という継続しやすい授業時間に統一してくれることで勉強のリズムは良くなると考えられます。

 

授業時間の短さが全てではない。結局medu4は効率的

medu4の良さと言えば「短時間で効率的に国試対策ができる」が挙げられると思います。

 

もちろん「講義時間の短さ」はmedu4の長所の1つでしょう。

 

しかし、単に「講義時間が短い」ことがmedu4が効率的であることの本質なのでしょうか?

 

きっと違うでしょう。

 

medu4の良さは、以下の通りです。

  • 頭の中に医学知識のフォルダ構造が極めてクリアに作られる
  • テキストが完璧
  • 復習基準が明確になっている
  • フルデジタルでストレスなく授業が受けられる
  • iPadを用いた勉強との相性が良い

 

medu4が効率的である理由は「他に何もしなくて良いから」です。

 

 

「分かりやすい授業を受け、明確な基準に従って復習をする」

 

これだけで国試に受かるという安心感によって、寄り道をすることなく「国試合格までの効率的なルート」を自信を持って進み続けることができます。

 

講義時間は増えることになるでしょう。

しかし、medu4が効率的であることに変わりはありません。

医師国家試験対策はmedu4がオススメ!その理由とは? 医師国家試験予備校ってたくさんありますよね。 どの予備校を選ぶかでお悩みの方もいると思います。 数あ...

 

低学年からmedu4を始める人が増えてきている

最近は低学年からmedu4を始める医学生が増えてきています。

 

従来はCBTが終わった後にビデオ講座を始めるのが主流でしたが、最近では3年生ぐらいから始める人も多くなってきています。

 

その理由として、ビデオ講座の立ち位置の変化が挙げられます。

従来:ビデオ講座は国試対策に使うもの。

最近:ビデオ講座は、定期試験対策〜CBT対策〜国試対策に至るまで一貫して使うもの。

 

十分な時間がある低学年のニーズにも合わせるためには、講義時間が増えたとしても解説を詳しくすることは改善と言えるでしょう。

【医学部】低学年からビデオ講座を使った方が良い理由【medu4】 こんにちは、mioです。 突然ですが、皆さんの大学の講義は分かりやすいですか? 分かりやすい...

 

 

イラストが増加した

Photo by Rober González on Unsplash

2019年度講座では、テキスト内のイラストが増加します。

イラストの数は「内科・外科」だけで、100点以上。

 

medu4の弱点だったのが「写真・イラストの少なさ」です。

昨年までのmedu4は、テキスト内に掲載されている写真・イラストが少なく、必要に応じて穂澄先生が手書きでイラストを描くという形式をとっていました。

 

これまでビジュアル面に関しては『病気がみえる』から潤沢にイラストを使用できるQ-Assistの方が優れていたかもしれません。

今回のイラスト増加によって、medu4の弱点が改善されたと考えます。

穂澄先生の温かみのあるイラストは受講生に人気だっただめ、デザイナーによるイラスト化に否定的な声も散見します。

 

視聴期間が変更された

Photo by Aron Visuals on Unsplash

medu4の動画には「視聴期間」が設定されているのですが、2019年度からは「視聴期間」が変更となります。

 

『あたらしいシリーズ 内科・外科』の例

2018年度:購入日にかかわらず、3月31日まで

2019年度:購入日から1年間

 

これまでは、購入日に関係なく視聴期間は3月31日まででした。

従って、CBTが終わった後にmedu4を始める人の場合、視聴期間内に全ての動画を見ることが困難なケースも。

 

視聴期間の変更により、このような問題は解決されることになります。

 

これは私も頻繁に相談される問題だったので良かったです。

 

その他の変更

Photo by Steven Wei on Unsplash

他にも様々な変更点があります。

  • アウトライン機能・PDF内リンクが追加された
  • 穴埋めが見やすくなった
  • 動画内の演出効果にこだわった
  • 「2年プラン」「3年プラン」ができた
  • 特講シリーズが増えた(「抗菌薬」「計算問題」「症候論」「裏技・テクニック」)
  • 必修問題解説講座が追加された

 

細かい改善が行われたことに加え、2019年度では多くの講座が追加されました。

『あたらしいシリーズ』を終えた人が局所的に用いると非常に効果的だと考えられます。

まだ公開されていませんが、楽しみですね。

 

また、「2年プラン」「3年プラン」ができました。

視聴期間を延長するよりは安くなるため、低学年からmedu4を始める場合にはオススメです。

例えば3年プランの場合

2019年に「2019年度講座」、2020年に「2020年度講座」、2021年に「2021年度講座」が見れる訳ではありません

2019〜2021年の間に「2019年度講座」を見ることができます。

 

「情報が古くなるのではないか?」

 

という疑問を持つかと思いますが、『Updateシリーズ』を受講することで、最新の知識を身につけることができます。

 

どうだったでしょうか。

 

medu4はどんどん良くなっていきますね。

2018年度講座を受講している私にとっては羨ましい改善点がたくさんあります。

 

しかし「次はもっと良くなるかも知れない」と思って購入を見送っていたらいつまでも先に進めませんね。

 

「えいや」と勇気を出してみましょう。

こちらの記事もおすすめ!