フィットネス

【筋トレ初心者必見!】これだけは揃えたい筋トレの道具3選!

 

筋トレ初心者
筋トレ初心者
ジムでベルトとかを使っている人を見るけど、初心者の自分も使った方が良いのかな?ついでにオススメの製品も知りたいな〜 

 

この記事では、筋トレ初心者でも揃えておきたい3つの道具を紹介します!

 

トレーニングベルト

最初に紹介するのは「トレーニングベルト」です。

このようなベルトを巻いている人を、ジムでよく見るのではないでしょうか?

 

トレーニングベルトには、腹圧を高める効果があります。

腹圧とは、腹腔内の圧力のこと。

ベルトを巻くことでお腹に圧力を加え、それに対抗するように腹筋に力を入れることで腹圧が上がります。

 

腹圧が上がると次のような効果があります。

  • 腰を保護する
  • 扱える重量が上がる

 

腹圧を上げると、背中がピンと伸びて、体に1本の芯が通ったような感覚になります。

 

腰が曲がった状態でトレーニングをすることは、腰を痛める大きな原因の1つ。

腹圧が高まっている状態ならバーベルを持った時も姿勢を維持することができます。

そのため、腰の怪我を予防することができるのです。

 

また、腹圧が高まると体幹が安定します。

体幹が安定すれば、力を入れやすくなってパフォーマンスもUP。

「ベルトで保護されている」という心理的な安心感もあり、トレーニングで扱うことができる重量が上がります。

 

以下のようなトレーニングをする時には、トレーニングベルトの使用をオススメします。

  • スクワット
  • デッドリフト

 

トレーニング中の怪我で怖いのが、腰を痛めること。

 

「スクワット」「デッドリフト」のように腰を曲げる種目を行う場合は、トレーニングベルトを使って怪我を防ぎましょう。

 

オススメはゴールドジム製。

ジムで使っている人も多く、定番の1本と言ったところでしょうか。

ちなみに、ゴールドジム製のトレーニングベルトのサイズは小さめでOK。

痩せ型〜標準体型の男性の場合、XSサイズで十分なケースが多いと思います。

 

リストラップ

次に紹介するのは「リストラップ」です。

手首にクルクル巻いて使います。

 

リストラップの効果は、手首を保護する事。

 

様々なトレーニングで酷使する手首ですが、そもそも手首は細くて弱い関節。

トレーニングを楽しく続けるためにはしっかりと保護しておきたいですね。

 

以下のようなトレーニングを行う時には、リストラップの使用をオススメします。

  • スクワット
  • ベンチプレス

 

特に初心者が気をつけたいのがスクワットです。

スクワットは初心者でも高重量を扱うことができる種目。

フォームが固まる前に高重量を扱うことで、手首に大きな負荷がかかってしまう可能性があります。

 

思わぬ怪我を防ぐためにも、できればリストラップで手首を保護しておきましょう。

 

リストラップで人気があるのはSBD製やSLINGSHOT製。

コスパ重視の方ならゴールドジム製やSchiek製などが良いと思います。

 

長さは色々ありますが、最初の1本は使い勝手の良い60cmのものがオススメ。

トレーニングで扱う重量が上がり、手首をガチガチに固定したくなったら90cmのものに買い替えても良いかもしれません。

 

リストストラップ

最後に紹介するのは「リストストラップ 」です。

 

上で紹介したリストラップと名前が似ていますが、リストラップの効果は握力の補助。

 

手首に輪を通し、先端をバーベルに巻きつけることで、バーベルの重さを手首に逃がすことができます。

握力だけで支えていたバーベルを握力と手首の両方で支えるようにすることで、バーベルを支えるために必要な握力が軽減されるのです。

↑説明が分かりにくくてすいません。

とにかく、バーベルを持つために必要な握力が軽減されます。

 

以下のようなトレーニングを行う時には、リストストラップの使用をオススメします。

  • デッドリフト

 

デッドリフトは主に背中のトレーニングですが、握力も酷使します。

背中を鍛えているはずが、握力の方が先に限界を迎えることもしばしば。

これではもったいないですね。

 

デッドリフトをする場合は、背中を鍛える事に集中するためにもリストストラップを使うことをオススメします。

 

ちなみに私個人の話ですが、素手でデッドリフトをしていた頃は手のひらに頻繁にマメができていましたが、リストストラップを使うようになってからはマメができなくなりました。

 

オススメですが、

リストストラップは、どの製品を買っても大丈夫です。

 

ゴールドジム製も無難にオススメできますが、Amazonに売っている1000円以下の製品で十分でしょう。

 

終わりに

「これだけは揃えてたい筋トレの道具3選」は以上となります。

 

「自分にはまだ早い…」と思ってしまう方もいるかも知れません。

しかし、初心者こそ道具を使って安全なトレーニングをすることをオススメします!

 

それでは、ジム行きましょう!

こちらの記事もおすすめ!